スキンケアの基本!正しい洗顔方法を極めよう

あなたは「正しい洗顔」出来ていますか。
高価な基礎化粧品を買う前に、スキンケア基本となる洗顔のやり方を見直してみましょう。

まず、手をしっかり洗ってください。
手が汚れていては、雑菌が肌に付いてトラブルの原因になります。

それから、水の温度にも気を付けます。
冷たすぎても、熱すぎてもダメです。

冷たい水で洗うと毛穴が引き締まったように感じますが、これは一時的なものです。
また、冷水は刺激が強く、汚れが落ちにくいので止めておきましょう。

熱いお湯で洗顔をすると、汚れ自体は落としやすくなります。
ですが、必要な皮脂(保湿成分)まで落ちるので、肌に良くありません。

ですので、ぬるま湯(35度以下・大体30~32度ぐらい)が最も洗顔に適していると言えます。
一度きちんと温度を計り、感覚を掴んでおくと良いでしょう。

洗顔料を使う量にも、気を付けて下さい。
説明をちゃんと読み、適量をしっかり泡立てます。

出来れば洗顔用の泡立てネットを使うと良いでしょう。
よく泡立てたら、Tゾーン(鼻・おでこ)から洗います。
なぜなら、一番皮脂が多い場所だからです。

洗顔の基本の一つ「皮脂の多い場所から洗う」事を優先し、必ずTゾーンから洗いましょう。
それから、頬や口の周りなどを洗うと良いでしょう。

最後に、目の周りを優しく洗い、丁寧にすすいで終わりです。
ただ、あまり長い時間をかけて洗顔をするのはお勧め出来ません。

肌に負担がかかるので、出来れば2分以内を目安に行いましょう。

  • 手を良く洗う
  • ぬるま湯(大体30~32度)を使う
  • 洗顔料を適量使い良く泡立てる(泡立てネット推奨)
  • 洗う順番に気を付ける(Tゾーンから洗う)
  • 長時間洗わない(出来れば2分以内)

これらの事に気を付けて洗顔を見直せば、肌は必ず変わります。
少し面倒かもしれませんが、スキンケアの基本「正しい洗顔」を、ぜひ実践してみて下さい。

Comments are closed.